2011年02月10日

野菜が高い!ファミレスの工夫とは??

(asahi.comより)
 すかいらーくグループのファミリーレストラン「ジョナサン」はサニーレタスが足りなくなり、一部の店で代替品として通常のレタスに切り替えた。そのレタスも品薄気味で、「もしもの時は輸入してでも確保し、サラダを提供する」としている。

 大手スーパーのダイエーは、サラダ用、鍋用と、料理別に野菜を小分けにした商品の売り場面積を広げた。仕入れ価格の変動の影響を受けにくい冷凍野菜にも力を入れている。桑原道夫社長は「1人住まいの多い首都圏の店舗で売れ行きを伸ばしている」。マルエツの高橋恵三社長も「お客様にとっての上限価格はある。より小分けを意識していく」と話す。

 食品スーパー大手ライフコーポレーションは、曲がったキュウリや不ぞろいのトマトなど「規格外」の販売に力を入れる。「価格を抑えることで消費者も受け入れてくれるようになった」という。



各社さん色々な取り組みで野菜が高い時代を乗り越えようとされているのですね。
ふむふむ、冷凍野菜は価格変動の影響を受けにくいそうです。
冷凍食品割引セールの時にまとめ買いしておくと良さそうですね。

規格外野菜の導入は主婦の私にとって歓迎です。
多少曲がっていても味は同じ!ですからね。使わないなんてもったいない!





リンク:
header_751_117.jpg

野菜通販ナビ
野菜通販の比較サイトです。気になる放射能対策状況もまとめてあり、見やすいページです。
タグ:野菜 高い
posted by 主婦技 at 14:15 | TrackBack(0) | 野菜が高い!ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186029728

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。